フォントサイズ

AA 文字サイズ

平成29年度 第2回福祉用具・介護ロボット等研修の開催について

公開日付 2017/09/07
実施日時
2017/10/18 09:30~2017/10/18 16:00 受付終了  受付期間:2017/08/09~2017/10/03
内容

 昨今の急激な高齢化の進展にともない、要介護者の増加など、介護ニーズは益々増大する一方、介護従事者の腰痛経験者は72%以上

(2012年(一社)日本ノーリフト協会調査)で、腰痛を発症したことで離職するケースも多く、現在、介護・福祉人材の不足は大きな社会問題となっています。

 また、人による力業での移乗介助などにより、患者・利用者の筋緊張を高めて拘縮状態を作り、褥瘡形成に至る状況も報告されています。

  厚生労働省においては、人材確保につながる介護職場の魅力向上のため、介護ロボットやノーリフティング等の活用を推進しています。

 そこで、今回の研修では、腰痛の原因となる抱え上げの廃止や介護ケアの質向上を図るため、先進取組施設の事例紹介や福祉用具・介護ロボットの実技体験を行います。

講師

山形 茂生

定員 60人
実費 1000円
備考  別紙申し込み用紙により、平成29年10月3日(火)までにFAXにて当研修センター宛に提出願います。 受講決定者には、後日FAXにて受講決定通知を送付いたします。  今回、現場への普及・促進を図る研修であるため、所属施設長又は現場管理者が同席される施設を優先的に選定いたします。 また、申し込み後のキャンセルにつきましては必ず事前連絡をお願いいたします。
  開催要綱.pdf
参加申込書.pdf